レゴのプレートとベースプレート(基礎板)の違いについて

レゴで家やジオラマを作るときに欠かせないのが基礎板(ベースプレート)ですが、意外と基礎板と普通のプレートに違いがあることをご存じないお客さまもおりまして、今日はその違いについて。

レゴのプレートとベースプレートの比較

|プレートについて

普通のプレートは厚さ約3mm程度で、上にも下にもブロックがつけられる、板状のレゴパーツといえばコレ、の定番パーツです。
3つ重ねればブロックと同じ高さになります。
一番大きなサイズでも16×16(128mm四方)ですので、小さな作品を飾るには使えますが大きなプレートは流通量も少なく、やや割高です。
ですが、使い勝手はいいので作品をあまり長期間飾らない方にとっては後述の基礎板(ベースプレート)より重宝される場合もあります。

プレートはこんなパーツです。

|ベースプレート(基礎版)について

一方ベースプレート(基礎版)はその名前の通り、土台として一番下に敷くためのパーツで、このパーツの下にはもう何のパーツもつけられません。
普通のプレートと比べて薄く(厚さ約1.5mm)、切断等の加工も他に比べれば簡単です。
大きいサイズのものは文具の下敷きのようにたわみます。
また、裏面は写真の通り平面が多いため、貼り付けるのにも適しています。
レゴでインテリアなどのDIYするときなんかも重宝するパーツですね。
サイズに対して割安なので、とりあえずレゴの土台が欲しいならこちらを買ってみるといいのではないでしょうか。

基礎板はこちら

市販の基礎板で物足りない方は?

レゴでチョコレートケーキを作ってみる

|レゴでケーキを考案中

レゴ製のチョコケーキ
まだ12月ではありますが、2月用のオリジナルミニセットを考案中……。

2月といえば節分とバレンタインデーということで、それぞれのオリジナルセットを制作しているわけですが、写真のものは試作品の一つ、チョコレートケーキです。

このサイズ感でのフォークはなかなかパーツ選びが難しいもので、ちょっとどうしたものかと考えてしまいます。
高いパーツを使わずにそれっぽいモノに仕上げるのは永遠の課題になりそうです。

1月上旬には販売開始をさせていただければ、と思います。
オススメの作品があれば是非教えてください!

現在販売中のオリジナルレゴセットはこちら

ブリッカーズ レゴ作品募集(2016年11月度)

|レゴでTHE ALFEE(ジ・アルフィー)を作った

2016年11月度テーマ:ライトブロックを使った作品

レゴで作られたTHE ALFEE(ジ・アルフィー)

本日は先月の作品募集【テーマ:ライトブロックを使った作品】の公開を行いました。

今月の優秀賞に選ばせていただいたのは
作:soutaku05様 『 THE ALFEE LIVE 』です。
———————————————————–
【soutaku05様の作品紹介コメント】

私の好きなアーティストである THE ALFEE のライブステージを再現したレゴ作品を中心に、インスタグラムに投稿して遊んでおります。

ブリッカーズさんで購入したLEDのカスタムライトブロックはライブ照明に見立てて活用しておりとても重宝していますよ。

ライトブロックを点灯させる事によって生じる陰影によって、本当のライブステージを見てるかの様な感覚を写真に与えてくれます。

「ライトブロックを使用した作品」というお題に対しては、作品構造物自体にライトブロックを組み込んでいる訳ではなく、作品の演出用にライトブロックを使っているという点で少々意味合いが違うかなとも思いましたが、こんな使い方をしている者もいるのだなと知って頂ければと思い、応募させてもらいました。

ミニフィグで再現したTHE ALFEE のメンバー、似ていると感じてくれたら嬉しいです。
———————————————————–

【ブリッカーズ審査員からのコメント】

ライトブロックのLEDの光は明るく直進性が高いので、ステージ照明にはぴったりです。

そのままでもTHE ALFEE(ジ・アルフィー)のメンバーがコミカルで面白い作品に使用することで、臨場感が加えられて他にはない魅力を持ちました。

レゴで芸能人や有名人などに似せたミニフィグを作るのも楽しいですよね。

———————————————————–

惜しくも選ばれなかった方々も誠にありがとうございました。
今月は特に力作が多く、見ごたえがありますので是非他の作品もご覧ください。↓

【作品募集 「テーマ:ライトブロックを使った作品」の公開】