レゴの定規 5005107 Lego Buildable Rulerを買いました。

|レゴオフィシャルグッズの定規セットのレビュー

先日、クリックブリックで一目ぼれ、カワイイので思わず買ってしまった。
30cmと12インチが測れる定規で、当然、互換性があり全て普通の28パーツで構成されています。

■レゴ5005107 パーツリスト

・ベースプレート 4 x 20:[グリーン] 2枚
・プレート 2 x 16:[グレー](4282) 1枚
・プレート 2 x 12:[ホワイト](2445) 2枚
・プレート 2 x 4(3020)9色各1枚
・タイル 2 x 2:[ホワイト](3068b) 2枚
・タイル 1 x 8 cmプリント:[ホワイト](4162) 5枚
・タイル 1 x 8 インチプリント:[ホワイト](4162) 5枚
・タイル 1 x 4 cmプリント:[ホワイト](2431) 1枚
・タイル 1 x 4 インチプリント:[ホワイト](2431) 1枚

合計:28Piece

■レゴ5005107 組立完成

なお、30cm定規を15cm&6インチ定規の2本に分けて使うことができます。

ベースプレートを使用しているということで、なかなかに軟らかく、組み立てた定規を乱暴に分解しようとするとベースプレートを痛めてしまうかも知れません。
また、端の部分がベースプレート+タイル1枚の厚さ4mmということで線を引くには使いづらいところもあります。
定規としてはイマイチではありますが、レゴのパーツとして考えると目盛りのついたタイルは実用的なレゴ作品を作るのに重宝するでしょうし、4 x 20のベースプレートは他にはない逸品です。

■レゴ5005107 感想

レゴのステーショナリーグッズにありがちな、微妙な使い勝手ですが、レゴを楽しみながら、ついでにサイズも測れる、持て余したらパーツとして……と考えれば、レゴファンならネタのために1つは持ってて損はないハズです。
ネタの割にはちょっとしたセットが買える値段で、買ってから萎えるパターンですが・・・

レゴパーツの番号が分からない?

|レゴパーツの品番の確認方法

レゴパーツ裏の刻印や説明書の巻末のパーツリスト

みなさんこんには、今日はレゴパーツの品番にまつわる話です。

たとえばレゴのセットで遊んでいて、うっかり1個パーツをなくしてしまいました。
ブリッカーズでそのなくしたパーツを買おうと思ったけど、どうやって探したらいいか分からない…

ブロックやプレートのように簡単なパーツならいいのですが、イマイチどこに使うか分からないようなパーツだったり表情が微妙な頭のパーツだったりすると、そのパーツを探すことが難しく、どんなものか説明するのもうまくいかなかったりしますよね。

そんな時、どうやってそのパーツを簡単に説明するか…
ということで、今日は型番についてです。

◆レゴの箱セットの番号

セット商品は外箱と説明書に4ケタまたは5ケタ(特殊なセットは6~7ケタのものもあります)の番号が記載されています。
この番号がわかるだけでもかなりの絞り込みができます。
42052のセットに入ってる、先がゴム状の長い……」
という内容で特定が可能になったりしますね。

◆デザインID(形状識別番号)

パーツを裏返してみると、4ケタまた5ケタの数字が印字されています。画像の左側がそれです。
これは「デザインID」といって、パーツの形状に割り当てられた番号です。
ブロックの2 x 4だったら「3001
プレートの1 x 2だったら「3023
これはそのパーツが白でも黒でも「3001」で変わりありません。
3023の茶色」
といえば、その時点で何か分かります。
ただし、このデザインIDは刻印ができない小さなパーツやプリントが施されたパーツ(ミニフィグの頭やトルソー)については判別ができません。

◆エレメントID(パーツ固有の番号)

レゴセットにはインストラクションブック(通称:インスト)と呼ばれる組み立て説明書が同梱されています。

説明書の巻末にはそのセットのパーツリストが記載されています。画像の右側がそれです。
パーツごとに6~7ケタの番号が記載されていますがこれは「エレメントID」といって、そのパーツの形状・色・プリントまでを特定する番号です。

たとえばブロック2 x 4のグレーだったらデザインIDは「3001」ですが、エレメントIDは「4211385」となります。
この番号は先述の通り色やプリントまで特定ができますので、もしもお探しのパーツがトルソーや頭でもこの番号が分かればほとんどの場合でそれが何か判断できます。

4261269」これだけで、黄色の眉毛が茶色いスマイルのヘッドパーツだと分かるのです。

ちなみに、クローン・トルーパーのアクセサリやミニフィグのトルソーの手、片脚などの複数のパーツで構成されているものはエレメントIDでの完全な特定ができません。

たとえばダークグレーのクローン・トルーパーのアクセサリはボディアーマー・レッグアーマー・バイザー・アンテナ2本、ライト2個、ブラスターピストル2丁を全部合わせてデザインID「61190」、エレメントID「4534865」と設定されてます。

パーツをなくしたら…
とりあえず説明書を見てみる。
なかったら箱を見てみる。
同じ形のパーツの裏を見てみる。
これを覚えておけば、そうそう困ることはないと思います。

しかし、それでも分からないときは、お気軽にお問い合わせください。

ブリッカーズ レゴ作品募集(2017年1月度)

|レゴ 44017 ストーマー・フリーズマシーンをミリタリーに

2017年1月度テーマ:ヒーロー作品

本日は先月の作品募集【テーマ:ヒーロー】の公開を行いました。

今月の優秀賞に選ばせていただいたのは
ウルフ ミルツ少尉 様作
『レゴ カスタマイズヒーローファクトリー ストーマー・フリーズマシーン』です。
———————————————————–
【ウルフ ミルツ少尉様の作品紹介コメント】

今回のテーマは「ヒーロー」ということで、「ヒーローファクトリー」シリーズから応募したであります!(爆
自分にとってレゴでの「ヒーロー」と言えば、やっぱりレゴに手を出す切っ掛けの一因でもあった「ヒーローファクトリー」でありますからね~♪(爆

そのシリーズ中一番好き(っていうか現時点でもレゴの全商品中一番好き)な「44017 ストーマー・フリーズマシーン」をこれまた自分の好きな要素であるミリタリーな感じでカスタマイズしたのが本作であります!

本作を作るにあたっては、ストーマー・フリーズマシーンのデザインはやっぱり一番好きな理由であるため残しつつミリタリー要素を入れたのでありますが、その元のデザインがリアルなパワーローダー的であるためミリタリー要素にほんと凄くマッチして、ストーマー・フリーズマシーンのデザインの完成度に改めて感心したのも相まって自分のヒーローファクトリー系作品の中でも屈指のお気に入り作品なのであります♪
———————————————————–

【ブリッカーズ審査員からのコメント】

44017 ヒーローファクトリー ストーマー・フリーズマシーンという元モデルこそあるものの、大幅な変更が全身に施されていて一見しただけでは分かりません。
ミサイルコンテナや給弾ベルト付きの銃、無骨なライトなどロボット好きな方にはうれしい要素が詰まっています。
この作品が「ヒーロー」と呼ばれる世界観は、なかなか渋くて作り甲斐がありそうです。
———————————————————–

惜しくも選ばれなかった方々もご応募、誠にありがとうございました。
ご応募いただいた作品はすべて、下記にてご紹介させていただいております。
是非他の作品もご覧ください。

【その他の応募作品はコチラからご覧ください】