ワンダーフェスティバル2017夏にレゴを観に行ってきました

|ワンダーフェスティバル2017夏訪問レポート

2017年7月30日(日)に千葉の幕張メッセにてワンダーフェスティバル2017夏(通称「ワンフェス、WF」)が開催されました。
当イベントはプロアマを問わず原型製作者の手によるガレージキット、フィギュア、模型など立体制作物の展示・販売がメインということですが、レゴを携えて参加されている方もいらっしゃるので、今回は会場まで足を運びました。
JLUG(ジャパンレゴユーザーグループ)が主となり参加を行っており、全11テーブルを使用。
角を含めた展示スペースを確保しており、観やすいですね。
作品の展示他、レアな既製品や、オリジナルのキット・インスト・グッズ等の販売をされておりました。
JLUGのアンバサダーである伊藤エリック大輔さんや、
元レゴアンバサダーさいとうよしかずさんがいらっしゃり、
ワンフェスとJLUGにまつわるお話などを伺うことができました。
また、出展されていた皆様にはすこしばかりの暑中見舞いをお渡しさせていただきました。
版権の関係上、オリジナル作品のみでの展開ということですが、ロボットや乗り物を中心とした密度の高い作品が多く、見ごたえがあります。

レゴは知っているけどその創作の限界を知らない人は多いようで、「こんなのも作れるのか」と感心していた人もいました。

レゴで参加できるレゴを主としないイベントは貴重なものです。
そんななかで、「レゴの底力」を知らしめてくれるJLUGと参加者の皆さまの活躍からは今後とも目が離せません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。